障がい児童対象 療育が必要な子ども達が放課後をのびのび過ごす場所

防災疑似体験

2021-09-29

9月は防災月間ということで、台風火事地震津波など、
自分たちの身近に起こる災害について、正しい知識を持ち、
自分の身を守るための行動を学ぶ模擬体験を行いました。

 

今回の体験プランはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

①それぞれの災害についてのお話&動画でのお勉強

みんな学校でも習ったことがしっかりと身に付いているようです(`・ω・´)

 

②手作り防災グッズ

いろいろ手作りできる防災グッズもありますが、今回は「新聞紙スリッパ」を
作ってみました!

やっぱり「バルタン星人」したくなるよね~v(^^)v(笑)

 

③非常持ち出し袋の確認

どんな物が必要か、カバンに入れておくとよい物を考えました。
また、保存食は賞味期限もチェック!

 

④非常食探索&防災クイズラリー

   

ダンボールやブロックなどを瓦礫に見立てて、
台風火事地震津波の各災害現場を再現!

 


手作りの新聞紙スリッパを履いて、
瓦礫を避けながら防災クイズにチャレンジし、隠された非常食を見つけ出しました。

 

いつもとは少し違った体験を通して、楽しみつつ真剣に防災について学ぶことができました(^o^)/

Copyright© 2014 新居浜・四国中央の障がい児童対象 放課後デイサービス ぴのきお All Rights Reserved.